1/13 ミニコンロに釉薬

素焼きは、出来上がっています。
e0363127_23462808.jpg
ミニコンロの方には、黒マット釉薬を浸し掛けしました。

5点全て同じです。

この黒マット釉薬は、教室でいつも使っているものとは違います。
いつものより、艶が無いとのことです。

えっ?
黒マットに違いがあるのか…
使ってみよう。

ということで、
撥水剤処理をして
e0363127_23462961.jpg

黒マットBの釉薬を掛けました。
e0363127_23462950.jpg

思っていたような黒になるでしょうか。



↓ここをぽちっとしてください。

陶芸ランキングへ

[PR]
# by 8315masaki | 2018-01-18 23:49 | Comments(0)

それほど凝ったことをするつもりはないので、午後に間に合うように出掛けました。

年が明けて、初めての陶芸教室。
交わす挨拶にも、再会と再開を喜ぶ笑顔がみえました。

さて、初めは先生の説明から。
土鍋土には相性が良くない釉薬があるようです。
どんな風に良くないのかは、話だけではよくわかりませんので、自分でやってみた方が良いのかなと思いました。

ボタンの焼成には、洗濯物を干す時のようにぶら下げるやり方と、童仙房を使ってキノコのようにするやり方の紹介がありました。

いよいよ制作開始です。

↓ここをぽちっとしてください。

[PR]
# by 8315masaki | 2018-01-17 21:35 | Comments(0)

8.本体を下から留めます。
これは、前とは違う形状です。
e0363127_15233907.jpg
e0363127_15233932.jpg
9.それぞれのホースを取り付けます。
パッキンを入れて、
e0363127_15233966.jpg
留めて
e0363127_15234095.jpg
上からのホースを差し込み、横から固定用の止め金を差し込み
e0363127_15234005.jpg
その止め金に白いキャップをして終了
e0363127_16002824.jpg
あっ、この時、お湯と水とを間違えて差し込んでしまい、やり直しました。

水道の元栓を開けて、水やお湯を出してみて気が付き、再度元栓を止め、また、蛇口を全開にし、2本のホースを水が出るのをタオルで受けながら外し、付け直すという厄介な手順を間違えなくやらなければいけません。
くれぐれも、お湯と水を間違えないように...
大きな表示があるので、外す前に確認しておけば、間違えることはあり得ませんのに(;´д`)

10.蛇口を閉め、水道の元栓を開けます。
そして蛇口を開け、動作確認と、下の水漏れ無し確認をしました。
e0363127_16123914.jpg
快適に水が出て、きちんと止まってくれます。

めでたし、めでたし
…水漏れはパッキン取り替えで済んだという噂もありますが…
錆も結構広がっていたので、これを機会に替えたかったのでした。


↓ここをぽちっとしてください。

[PR]
# by 8315masaki | 2018-01-11 19:49 | Comments(0)

工具は、無いながらも一応揃いましたので、作業開始です。
1.ノコギリで窓を上に広げ
これが一番、時間がかかりました。

2.水道の元栓を閉め

3.台所の水道を全開にし、

4.2本のホースをモンキースパナで外します。
e0363127_15233872.jpg
e0363127_15233941.jpg
このとき、黒いのを取りますが、緑のプラスチックをマイナスドライバーなどを使って外す必要があります。
これらをそのままつけていると、つかえて上の穴から外に出せません。

5.さて、問題の六角ナットを外します。
  モンキーで取ろうとしましたが、サイズが合いません。
  例の、「すんごいノギス」で測ると、ナット、いや何と36㎜もありました。
  モンキーの最大サイズは30㎜でした。
e0363127_15233904.jpg
 また、お店? と思いましたが、
e0363127_15233845.jpg
これがあることを思い出し、やってみるとすぐに回りました。
この作業は、窓の拡張のおかげでスムーズに行きました。

6.本体の引き抜き
e0363127_15233928.jpg
引き抜いた後の口の周りをきれいにして
ホントは、すごくきれいにしたかったのですが、子ども達が、トイレ~というので、仕方なくある程度で済ませました。

7.新しいのを差し込みました。
この時、スポンジ付きシールがついているので、それを剥がしてつけます。
また、向きについては慎重に設定してからシール部分をつけないと剥がすのが大変です。
私は、少しついてしまっただけだったので何とかなりましたが、ここはくれぐれも慎重にすべきです。
向きというのは、左右の可動範囲が決まっていますので、その範囲が流しの中に入るような位置ということになります。
これをいい加減にすると、流しの外にも回ってしまい段のところにも水がぶつかることにもなり、また一方では、欲しいところにまで首が振られないということになると思います。
詳細は、もちろん説明書に記載されています。

いよいよ、クライマックス…( ´∀`)

↓ここをぽちっとしてください。

[PR]
# by 8315masaki | 2018-01-10 18:07 | Comments(0)

台所の蛇口取り換え3

e0363127_13553436.jpg
工具のコーナーに行ってみましたが、この図のものは見当たりません。
妻は、この図は知りませんが、私の話で想像しながら探してくれています。
「これかな?」
「いや、違う」
これの繰り返しです。
こんなことに付き合わされると、誰でも嫌になるだろうと思いますが、偉いですね。

お店の人に尋ねてみたところやはり無いということです。
仕方がないので、蛇口のみを購入して帰りました。

??えっ??
古いのを取り外す見込みがないのに、新しいのを買って大丈夫?

安心してください。履いています、じゃない、大丈夫です。
「無かったら、窓をのこぎりで切って広げるよ。」
と妻には了解してもらっています。

ということで、一旦帰宅し、必要工具を確認し、今度は念のため近くのホームセンターへ。
まず、これを
e0363127_13553436.jpg
探してみました。先程のところより、ドライバーやスパナの種類は豊富ですが、やはり見当たりませんでした。

ということで、残念ながらノコギリの購入となりました。
(ネット通販も考えましたが、購入にはもう少し時間が掛かり作業日がとれないのと、買ってもおそらく二度と使わないと思ったこともあり...)

いよいよ、取り替えです。


↓ここをぽちっとしてください。

[PR]
# by 8315masaki | 2018-01-09 18:50 | Comments(0)